時間外労働とはいわゆる残業のことです。法廷労働時間である週40時間、1日8時間を越えた労働に対しては25%割増した残業代を支払わなければなりません。 注意が必要なこととしては、所定労働時間との関係です。使用者に定められた労働時間が週40時間以内の場合や1日8時間以内であれば、所定時間をオーバーしても割増賃金を支払う規定はありません。

賃金は支払わなければなりませんが、割増賃金は適用されないことを理解しておきましょう。労働に関する規定は労働基準法によって定められていますが、労働時間についての明確な定義は無いのが実情です。何を持って労働時間とするかは職務内容や裁量によって変わってきます。 職場には直接的な職務以外に色々なことをしなければならないわけですが、曖昧な部分も非常に多いのが現実です。

例えば、着替えや教育訓練、通勤などですが、裁判例では着替えや教育訓練は労働時間になり、通勤は労働時間には含まれないとされています。円滑な業務が遂行されるように労働基準法も配慮されているわけですが、基本的には労働者を守る目的で制定されたものです。 経営者の中にはこれを理解していない場合も多いので、注意が必要です。

自分の身を自分で守るにはこの法律をしっかりと理解して、主張する場面では正確な主張が出来るようにしておくこと大切です。本来は必要の無いはずの時間外労働をするのであれば、納得できる条件で働きたいものです。法律を知ることは自分を守ることなのです。