最近では労働者が自分たちの権利について考えるようになってきたためか、労使間での残業代を巡るトラブルが増えている傾向があります。

残業をしたのであれば、それに見合った賃金を受け取るのは労働者にとってはごく自然の事であり、法律でも残業代は適切に支払うように定められています。それを雇用主が怠っていたのであるのだから、労働者が残業代請求を行うのです。

ただ、残業代請求をするのは良いのですが、実際に請求するとなると色々と準備が必要となります。単純に直談判して口頭で払えと言っても、分かりましたと素直に応じる事はまずないとみた方が良いです。そのために、証拠を突きつけて逃げ道を無くす事が大切です。

そのためにはそもそも残業とはどういった事であり、残業代の計算はどのようにして行われるのか、証拠集めはどうやったらよいのか、請求する場合はどのように請求すれば良いのか、など考えなくてはならない事が沢山あります。それも雇用主には分からないようにしっかりと準備をしなければならないです。一人でこれらを行う事は不可能ではないにしても難しいのが現状です。

そのために、その道のプロである弁護士に相談をして、しっかりと対策を立てるのが良いです。そうした悩みを数多く解決している弁護士もいますので、どうしたら良いか分からなくても相談すれば色々としっかりと対策を考えてくれます。完全に人任せにするのではなく自分でも考える事は大切ですが、弁護士がいるかいないかでは対策の仕方も変わってきますし、交渉時に相手へのプレッシャーにもなります。