豊かな社会生活や家族との日常生活を送る上で、働くという事はとても重要な事です。労働を通じて社会とつながりまた家族との生活を守り、自分の精神的安定にも働く事は大きな意味があります。
 
会社や大きな企業の中で働くにあたり、個人を守り事業者などを監督する立場にあるのが労働基準監督署です。労働基準監督署では、様々な視点から労働条件や安全面での監視を行っています。
 
日本全国の都道府県に設置されていて、基準通りに業務を行っているかどうかをチェックしています。厚生労働省が管轄する労働基準監督署の主な業務内容としては、労働に関する契約や賃金の管理、都道府県別の最低賃金や労働時間の厳守、その他災害や補償に関する労働条件などに関する業務があります。
 
安全に働ける事はもちろんですが、万一労働災害などにあった人などの保険給付や、その後の社会復帰などの支援事業なども行っています。
 
また企業内での退職金共済制度などの運営なども行っていて、仕事と生活を守る取り組みも実施されています。憲法でも規定されている労働基準法を順守する事で、企業と個人の両方を監督する立場である労働基準監督署では、労働条件を確保する事や改善していく事、また労働者が安全で働けて健康を確保出来る事、そして労災などの補償を適切に実施し、社会生活を潤滑に送れる様に指導していく、国民にとってはとても重要な業務を行っている機関となります。
 
適切な監視体制が確立されている事で、安心して労働に従事する事が出来ると言えます。"