労働基準監督署とは、条件が悪い環境や労働、サービス残業など労働基準法がきちんと守られていない企業を指導や監視をするための機関です。

労働法を扱う監視役なので、警察のような役割を担っています。労働基準監督署の監督官は司法警察官の権限も持っていて、労働違反と判断した場合には調査や指導を行うことが出来ます。企業側が悪質と判断されれば、逮捕や強制捜査を行うことも可能です。

残業代の未払いなども監督署などを通じて、裁判所で権限を行うことも出来ます。企業に訪問して調査を行う場合は、労働基準法に違反していないかをチェックします。賃金の支払いや残業代、労働時間や休憩時間は適切なのかを確認します。
 
また従業員からも話を聞き、実態を調査します。会社に勤めている従業員に話を聞きますが、従業員を保護するためにも申告調査とは明かさずに調査します。定期監督のような雰囲気で企業に出向き、実態を掴みます。従業員が労働基準監督署に申し入れをした場合や、訴えを起こした場合にやってくるケースが多いです。

事前に調査が来ると分かったら、必要な書類を用意しておきます。提出する必要がある書類などを事前に確認してから、分かりやすいように整理しておくことが大切です。

調査当日には書類のチェックがスムーズに行われ、印象が良くなります。不足書類や不備がある場合は、当日までに作っておくことも大切です。ただし虚偽や改善は違法になるので、注意が必要です。正確に真実を記載している書類を用意することが、ポイントです。
調査中に文句を言ったり、失礼なことを言わないように気を付けます。