時間外労働の問題点を考えると、サービス残業として行っている従業員も多く居る様で、企業側としては出来る限りは残業代として支給したくない本音と、従業員側とのトラブルも頻繁に起こっていると言う現実問題があります。

そのトラブル回避の為には、やはり会社の規則として定めているルールを守っているかどうかを確認しながら、もし違反している状況であればそれこそ労働基準監督署などに教えて、会社側に指導をしてもらう方向となります。

そう言った規則に関しては、雇われている従業員側もしっかりと確認していく事が必要であり、就業規則に記載している事を守っていないケースで、時間外労働をカットされているケースは良く見受けられる事のようです。
 
労働者としても、残らなくて良い仕事で残ったり、明らかに残業代を稼ぐ為の行為を行う事は、今度は逆に会社側の方から指摘を受ける可能性もあります。
 
とにかくこうした労働に関する取り決めを行ったルール通りの形が正しくなります。時間外労働のカットなどでは、時間外の発生を15分単位や30分単位にしているケースで、それより前に帰ると残業が付かないと言った所になりますが、それを過ぎて支払わない場合には、やはり一度会社に確認しなければいけないのかも知れません。
 
そう言った見解をしっかりと示して置く事で、今後の時間外労働のケースがあった場合にまた同じ様な事とならない様にする事が求められる状況となり、しっかりと考えられている状況となります。