最近ではサービス残業が問題となっており、労使間での未払いの残業代を巡るトラブルが多いです。そうした未払いの残業代を請求するためには、まずは残業とはどういうものなのかについてを勉強する必要があります。

残業を正しく理解していないと、どの程度未払いの賃金があるのかを求める事が出来ず、賃金を求める事が出来なければ、残業代を払っていないから払え、などと単に口頭で具体的な数字も出さずに請求する事になってしまいます。それでは説得するのは難しいので、ここでは残業についての勉強をしていきます。

まず、残業というのは企業が定める所定労働時間を超える時間、労働をする場合を残業と言います。この所定労働時間は法定労働時間内に収まるようにするように決められており、一日8時間を超えたり、週40時間を超えるように労働時間を設定する事は出来ないです。

法定労働時間内であれば、一日6時間であろうが8時間ギリギリであろうが、それは企業が決める事が出来ます。残業代を請求する場合は、この残業についてもさらに分けられることを知っておく必要があります。所定労働時間を超えた残業は法定内残業といい、法定労働時間を超えた残業は法定外残業や時間外残業と呼ばれます。

法定内残業の場合は、時間当たりの賃金は通常勤務の時と変わらないでも問題ないですが、法定外残業の場合は支払う賃金を割り増しする事が決められています。

通常の時間給よりも25%以上の割増しで賃金を支払う必要があります。この他にも、賃金が割り増しする要因があるために、単純にこれだけでは未払い分を計算する事が出来ませんが、残業一つでも細かく分類する事が出来るのです。