みなし残業とは、企業への就業契約において、あらかじめ月の残業時間を含んだ給与体系としたものです。
たとえば、みなし残業時間45時間にて契約した場合においては、月の残業時間が45時間を超過しなければ基本的に残業代は支払われない事となります。

但し、深夜残業や休出残業については、みなし時間とは別に手当が付く事となります。
もちろん入社前の契約時に、契約内容に納得がいかない場合については、企業との調整を行う事が可能です。しかしながら、みなし残業制度をとっている企業はそれなりの理由があるため、契約内容の変更は難しい可能性があります。
 
あらかじめ残業時間を含む事は、定常的に法定勤務時間を超えての超過労働が発生する事を鑑み、予め給与に含める形をとる事で、結果として人件費圧縮の狙いがあります。
 
従って、みなし時間を設定している企業の場合、拘束時間が長く多忙な職場である事が予想され、ある意味で景気の良い企業である可能性があります。ちなみに、みなし残業を設定する事による業務上のメリットも考えられます。
 
それは、定常的に残業が多くなりそうな職場であったとしても、残業してもみなし分は残業代の支払い対象外となってしまうため、できるだけ残業をせずに定時時間内で業務を終わらせようという意識が従業員に芽生えるといった期待となります。
 
すなわち、業務の効率化の側面において有効な契約内容と言えるかもしれませんので、従業員の方はポジティブな捉え方で業務を行っていくと良いかと思われます。"